きんかんシロップ

きんかんシロップ

作りやすい量
きんかん 200g
砂糖(粗糖) 100g(きんかんの半分)

きんかんは洗ってへたを取り半分に切って種を出す。熱湯消毒したビンにきんかん、砂糖の順に何回か重ねる。最後は砂糖にする。

砂糖が溶けてシロップになったら出来上がり!紅茶に入れたり、ヨーグルトにかけたり、お湯で割ったり・・・けど、何回作ってもシロップになるまで待てませ~ん。なので、正しくは「きんかんの砂糖まぶし」ですね(笑)

きんかんは咳止めやのどが痛い時のお助け食材として有名ですね。その他にもお酒の酔いをさましたり、さわやかな香りが気の巡りを良くしてくれるので、イライラにもおすすめです。

そのまま食べてもおいしいですが、このひと手間で独特の苦みも気になりません。皮ごと食べるので薬のかかってないものが安心ですね。お試しください~(^^)